BikeFit Systems社について

BikeFit Systems社について

ポール・スウィフト氏(現CYCLE POINT CEO)
アメリカ自転車トラック競技選手権8回優勝の実績を持つ。クリートウェッジ製品の特許権を保有。

バイクフィットシステムズの起源は1995年のアメリカ・ロサンゼルスまで遡ります。現在のクリートウェッジの原型となる「Big Meat」と呼ばれる商品をポール・スウィフト氏(右の写真・紹介参照)が開発に協力していました。そのクリートウェッジの開発後、シューズのインソール内に入れるITSウェッジ(その当時はソールパワーと呼んだ)を開発しました。今日では、スペシャライズド社他、複数の会社もその価値を認識し、彼らが独自でITSウェッジを作り出しています。

当時は『足底の傾き』の与える影響について皆理解せず、受け入れもしませんでした。
さらに、クリートウェッジの効果について関心も無く、また使い方も知りませんでした。

ポール・スウィフト氏(現CYCLE POINT CEO)はバイクフィッティングの世界において、クリートウェッジが世の中に浸透するまで時間がかかるという事は認識していました。ITSウェッジの登場後も世間では、慣習的に小さいサイズの自転車シューズを選び、ライダーの足で靴をストレッチさせて使用するのが常識となっており、ITSウェッジを入れる隙間さえありませんでした。 つまりその当時の自転車用シューズ内には物を入れる隙間が無かったのです。

1980年代、ポール・スウィフト氏は当時米国オリンピックトレーニングセンターに在籍しており、バイクフィッティングの担当をしていました。当時のバイクフィッティングは、シューズクリートの前後左右の調節のみがフィッティングの全てでした。当時はペダリングにおける膝の軌道など全く考えにありません。ポールは何人かのアメリカの最も優秀なサイクリストの膝が左右に揺れることで、それが何らかの故障の原因となっていることを知っていましたが、まだその当時は、はっきりとした確証はありませんでした。

バイクフィットシステムズ社の開発したクリートウェッジとITSウェッジ
足裏の傾きを補正し、よりスムーズなペダリングを実現すると同時に膝や足首の故障を防ぎます。

その後、自転車業界でスウィフト氏の開発したクリートウェッジとITSウェッジが足裏の傾きを補正し、スムーズなペダリングを実現すると同時に、膝や足首の故障を防ぐことが徐々に理解されていき、ウェッジの重要性はバイクフィッティングの進歩とともに自転車業界に浸透していきました。

業界内での研究が進み、FIT KIT社やセロッタ社などもバイクフィッテング用の様々な商品を登場させましたが、自転車のサイズを決める事が理論の中心であり、なかなか満足できるものが開発されませんでした。また、2001年から2006年まで製品を販売していたLeMond Fitness社も関連会社へのみの供給であったため、流通量に限界がありました。

そこで、バイクフィットシステムズ社は2006年から自社より供給を始める際、アメリカ国内のバイクショップのスタッフやバイクフィッティングに関心の高い機関を対象に、教育プログラムを開始しました。

これが瞬く間に世界中に広まり、世界中の自転車業界関係者や医療機関従事者から同社の講義に参加するようになり大変好評を得ています。同社の哲学に焦点を置いた教育プログラムでは、受講者は実際にバイクフィッティングに参加させた上、哲学や医学的見地からのバイクフィッテングへのアプローチを指導しております。

バイクフィットシステムズ社の製品は現在主な自転車競技やトライアスロンイベントで使用されております。プロの自転車レースでは春のクラシックレース、3大ツール(ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア、ヴェルタ・ア・エスパーニャ)、ロングディスタンスのトライアスロンからアイアンマンワールドチャンピオンシップにおいて、数え切れないほどのタイトルを獲得、さらには世界選手権やオリンピック金メダリストも密かに使用しております。

このアメリカ・シアトルに基盤を置くバイクフィットシステムズ社のバイクフィッティング哲学は、今や世界的に流通が広がり、今やバイクフィッターや医療分野の中で最も影響力があります。将来的にバイクフィットシステムズ社は、世界中の自転車業界と医療界との独自の関係を教育プログラムや講義によって構築していきます。

バイクフィットシステムズ社のプログラムによるフィッティングの様子
レーザー光や特別な測定機材を使用することで、従来の方法よりも正確なフィッティングを行えます。

トライアスリートのフィッティングを行うポール・スウィフト氏

PAGE TOP